スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取はチベット発言「断じて容認しがたい」 自民・石破氏(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長=衆院鳥取1区=は24日の会見で、民主党の石井一選挙対策委員長が「鳥取県とか島根県は日本のチベットのようなもの」と発言したことに対し、「日本海側の人間は、かつて『裏日本』といわれ、悔しい、悲しい思いをしてきた。そういう人たちの気持ちをまったく考えない発言で、断じて容認しがたい」と批判した。

 また、「チベットに対してどういう認識を持っているのか」と述べた上で、「地域に対して上から見下ろしたような思いがある。そういう人が選挙を仕切っているのが、民主党の選挙のやり方だ」と指摘した。

 【関連記事】

民主・石井一氏の「島根や鳥取はチベット」発言に市長会抗議
民主選対、大ブレーキ「説明ナシ」小沢氏に「恫喝」石井氏
長崎知事選 民主・石井選対委員長「結果厳粛に受け止め」
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
民主の「ファシズム」 顕在化の恐怖

日本郵政、業務自由化を要望=かんぽの宿、一部を介護施設に(時事通信)
4氏の争いに=石川知事選(時事通信)
【アートカレンダー】「山口藍展」東京・市谷田町 ミヅマアートギャラリー(産経新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる(毎日新聞)
<はちみつ>ふたから基準超える鉛成分 12万本を回収(毎日新聞)
スポンサーサイト

首相動静(2月21日)(時事通信)

 午前9時47分、公邸発。
 午前9時53分、東京・平河町の都市センターホテル着。同ホテル内の会議室で「こども食料セッション」に出席し、あいさつ。中山義活首相補佐官、佐々木隆博農林水産政務官同席。同10時31分、同所発。同35分、公邸着。
 午前10時57分、飯尾潤政策研究大学院大学副学長、松井孝治官房副長官が入った。
 午後0時20分、飯尾、松井両氏が出た。
 午後1時38分、荒井正吾奈良県知事が入った。
 午後1時54分、川勝平太静岡県知事、編集工学者の松岡正剛氏、松井官房副長官が加わった。
 午後4時7分、全員出た。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

月内に複数案、米と協議を=普天間移設で北沢防衛相(時事通信)
<小沢幹事長>「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見(毎日新聞)
閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う-東京(時事通信)
裁判員や補充裁判員が質問=「借金知っていたのか」-2人強殺初公判・鳥取地裁(時事通信)
自称霊能力者ら再逮捕へ=介護女性に薬物、殺人容疑-大阪府警(時事通信)

首相動静(2月23日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

山陽道 停車中のパトカーにトラック追突、警官重傷 岡山(毎日新聞)
<皇太子ご夫妻>ノーベル平和賞のマータイさんと懇談(毎日新聞)
日本郵便の宅配事業見直し認可へ=総務省(時事通信)
閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う-東京(時事通信)
長岡宮跡で甲冑部品、歴代の皇族コレクション?(読売新聞)

高校生暴行容疑で中2の2人を逮捕(産経新聞)

 兵庫県警宝塚署は16日、男子高校生(16)に暴行したとして、傷害容疑で、同県宝塚市の市立中学2年の男子生徒(14)2人を逮捕した。男子高校生は歯槽骨骨折などで約1カ月の重傷。

 逮捕容疑は昨年8月20日午後4時45分ごろ、市内の路上で、「何、見とんや」などと因縁をつけ、男子高校生に殴る、けるなどの暴行を加え、けがをさせたとしている。

 同署によると、男子中学生5人のグループと、伊丹市内の男子高校生5人のグループが「目があった」ことで口論になり、中学生の1人が首にしていたアクセサリーを切られたことに怒り、切った高校生に暴行を加えたという。互いに面識はなかった。

【関連記事】
中2少年が殴られ重体 傷害容疑で中学生4人逮捕
語学講師遺棄 殺人容疑で中国籍の男ら再逮捕 兵庫県警
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁
家庭復帰に問題なし 児童虐待で児童相談所会見
宮城3人殺傷 今月初旬に暴行された美沙さん

自民公認元セクシー女優、今週末街頭デビュー(スポーツ報知)
「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用-警察庁(時事通信)
首相、廃止の民主政調「復活させず」(産経新聞)
<シー・シェパード>メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入(毎日新聞)
「この台出る」特別背任容疑=元パチンコ店員ら逮捕-兵庫県警(時事通信)

ストーブ消し異臭、児童13人搬送 埼玉・川越の小学校(産経新聞)

 22日午前10時半ごろ、埼玉県川越市古谷上の市立古谷小学校(高木登校長)の教室で、石油ストーブを消した際に異臭が発生、2年1組の男女13人が吐き気やのどの痛みを訴えて病院に搬送された。児童らはいずれも軽傷。

 川越署によると、児童らは2時間目に図書室で授業を行い、10時10分ごろに教室に戻って担任の男性教諭(33)がストーブを点火。教室が暖まった約20分後に消したところ、異臭が発生した。当時、教室には30人の児童がいた。同署が原因を調べている。

【関連記事】
新宿の飲食店で異臭?騒ぎ 女性6人が不調訴え
奇跡?「座敷わらしの宿」全焼も“ご神体”は無事だった
車両から煙!? 東京メトロが避難訓練
メトロ異臭、石材業男性が塩酸入り容器割る
交番での硫化水素発生事件で不審な男の映像公開 神奈川・茅ケ崎

支給要件を緩和へ=失業者向け住宅手当-厚労省(時事通信)
<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)
<石巻2人刺殺>17歳無職少年「元交際相手が3人刺した」(毎日新聞)
国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館(産経新聞)
都公園協会 実態は赤字6091万円 他事業の利益組み込む(産経新聞)

<五輪フィギュア>元気もらった 9歳で逝った子から安藤(毎日新聞)

 「おたがいにがんばりましょう!!」--。フィギュアスケート女子シングルに出場する安藤美姫選手(22)=トヨタ自動車=は、難病と闘い08年亡くなった各務宗太郎(かくむ・そうたろう)君(当時9歳)と約束していた。「自分を信じれば頑張れることを教えてくれた」と安藤選手は話していたという。宗太郎君への思いを胸にリンクに舞う。【稲垣衆史】

 母優子さん(38)=名古屋市東区=によると、生後間もなく胃や腸が正常に機能しない難病と診断された。08年3月、米国で5臓器の移植手術を受け、食べられるまでに回復したが、合併症で同年9月亡くなった。

 2人の交流が始まったのは08年1月ごろ。手術と渡米費用の寄付金を呼びかける報道を見た安藤選手から、宗太郎君に手紙が届いた。「そうたろうくんの夢がかなうように力になりたい」「びょうきにまけないでがんばれ!」「つらい事があったら空を見てね。元気が出るよ」

 08年2月、安藤選手は4大陸選手権から帰国後、入院している東京都内の病院を訪れ、獲得した銅メダルを宗太郎君に贈った。宗太郎君は手作りのおにぎりを安藤選手にプレゼント。自分は食べられないため、優子さんが持ち込んだご飯を優子さんに食べさせるのが習慣になっていた。

 渡米後も交流は続いた。入院しているニューヨークの病院と安藤選手の練習拠点は車で約1時間。安藤選手は何度か病室を訪れた。「宗太郎は美姫ちゃんに、友達のように自然に接しました。美姫ちゃんも宗太郎を特別扱いしなかった。内気な似た者同士で、心地よかったのかしら」。宗太郎君が亡くなった時、安藤選手は病室にいた。「これ宗ちゃんの」と枕元に買ってきたハンバーガーを置いた。

 安藤選手は「ハンバーガーを食べたい」と願う宗太郎君の強い目にひかれたと話していたという。「宗ちゃんに元気をもらえる」「自分を信じたら頑張れることを教えてくれた」。そう話した安藤選手が当時、ケガや体調不良にあえいでいたことを優子さんは後で知った。

 「元気になったら応援に行こう」との約束を果たせなかったため優子さんは試合に行くことをためらっていた。しかし、安藤選手が宗太郎君からの手紙や写真を持ち歩いていることを知り、「そこまで思ってくれるなんて」と、昨年末から足を運ぶ。バンクーバーへも向かう。宗太郎君の形見、恐竜のお守りとともにリンクを見守る。

 「ミキちゃん、最高の笑顔を見せて」

【関連ニュース】
五輪フィギュア:安藤美姫、試合会場で初練習
五輪フィギュア:安藤現地入り…「体調良好」と本番へ意欲
フィギュア:女子五輪代表は安藤、浅田、鈴木
バンクーバー五輪:フィギュアの安藤、好感触 公開練習
バンクーバー五輪:フィギュアスケート 「靴慣らし入念」 安藤が現地入り

<将棋>王将戦第4局 羽生、突然の開戦(毎日新聞)
ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
「無我夢中」ホーム転落女性助け、間一髪退避(読売新聞)
ガソリン盗容疑で少年ら逮捕 「金はないけどドライブしたい」 警視庁(産経新聞)
ヤミ金業者に携帯レンタル 容疑で会社経営者ら4人逮捕(産経新聞)

小沢氏「自民メルトダウン、当面は民主党政権」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は13日、都内の講演で「政権交代で、自民党そのものもメルトダウンというか、政党の体をなしていないような状況になってしまった」としたうえで、「当面は試行錯誤を重ねながらも民主党政権が政治を担っていく以外にない」と述べ、「それだけに国民の民主主義への期待を閉ざしたり、裏切ったりすることのないように心がけないといけない」と語った。

 また、極東の安全保障について「不安定さを増している」と指摘。今月2日に会談したキャンベル米国務次官補に、「極東アジアでひとたび不安定な状況が生まれると、イラクやイランやアフガンの比ではない。米国はもっとしっかり考えないとダメだ」と伝えたことを明らかにした。

 自身が主宰する「小沢一郎政治塾」で講演した。小沢氏は12日夜、塾生らとの懇親会を「体調不良」で中座したが、この日も終始鼻声だった。

【関連記事】
小沢氏処分、検審へ 民意で起訴の可能性 鳩山首相も審査中
小沢幹事長、「体調良くない」と中座
「おー、すまん」小沢氏ご満悦、民主女性議員からチョコ 
「小沢氏起訴を」 市民団体が検審に申し立て
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る

独ベーリンガーがエスエスを完全子会社化へ(医療介護CBニュース)
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像(産経新聞)
プリウス修理開始 東北の販売店、不安解消へ作業急ぐ(河北新報)
<大阪ガス>ロボットでガス管点検 阪大と共同開発(毎日新聞)
鳩山首相、実母の資金提供問題で陳謝=国民に納税求める-党首討論(時事通信)

予算、年度内成立へ…中央公聴会を24日開催(読売新聞)

 2010年度予算が年度内に成立する見通しとなった。

 衆院予算委員会が17日、予算案採決の前提となる中央公聴会について今月24日に開催することを、民主、社民、国民新の与党3党の賛成多数で決めたためだ。

 予算案は憲法の規定で、参院に送られてから30日経過すると自然成立する。3月2日までに衆院を通過すれば年度内成立が確定する。与党は、予算案の細部を審議する「分科会」を2月25、26日に開いたうえで、3月1日か2日の衆院通過を見込んでいる。

 自民党など野党は、「政治とカネ」の問題で要求している参考人招致が認められないことなどを理由に、中央公聴会の日程に反対した。自民党は採決に踏み切った鹿野道彦・衆院予算委員長(民主党)の解任決議案を衆院に提出したが、与党は18日の本会議でこれを否決する方針だ。

灯ろう祭り 陶器に幻想的な明かり 佐賀・武雄「飛龍窯」(毎日新聞)
<首相官邸>実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも(毎日新聞)
<鳥取連続不審死>運転手遺体発見現場の海岸捜索(毎日新聞)
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新(医療介護CBニュース)
駅構内に地産地消ビストロ=長野県〔地域〕(時事通信)

アンチエイジングをテーマに大阪でシンポ(産経新聞)

 これからの健康と栄養を考えるシンポジウム「アンチエイジング・健康寿命の延長は遺伝子にあった!」(主催・昭和大学、産経新聞社、特別協賛・フォーデイズ)が11日、大阪市中央区城見の松下IMPホールで、約850人の聴衆を集めて開かれた。

 食物の栄養が体の機能をつかさどる遺伝子に影響を与えることが、最近の研究で明らかになっている。この成果を分かりやすく食生活の知恵に生かし、長寿につなげようというのが狙い。

 昭和大学の細山田明義学長のあいさつの後、遺伝子栄養学研究所の松永政司理事長、昭和大医学部の塩田清二教授と小川哲郎准教授が、老化を予防する核酸の役割や胎児期の栄養摂取の重要性などについて講演。服部栄養専門学校の服部幸應(ゆきお)校長が、食物をおいしいと思う感性の大切さを訴えた。

 この後、ライフサイエンス研究所の宇住(うすみ)晃治代表も加わり、パネルデイスカッションが行われ、遺伝子を良い方向に働かせる栄養の必要性などについて活発な討議が続いた。

【関連記事】
最年長アイドル・桜井美春 「50歳になってもグラビアで」
糖尿病対策から化粧品まで 「抗糖化」パイオニアの“甘くない”道のり
東京で味わう旬の京野菜 プリンスホテルでフェア
加齢臭対策商品が続々 日用品メーカー
虎・金本、超強気発言「もう出来上がってる」

保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)
東大阪市が介護保険料過徴収、08年度10億(読売新聞)
町工場の「技」世界へ バンクーバー五輪、国産リュージュで入賞狙う(産経新聞)
バンドメンバーら7人死傷=「我羇道」、新名神で横転事故-滋賀(時事通信)

首相動静(2月11日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時45分、タレントのうつみ宮土理さんが入った。同50分、歌手の和田アキ子さん、橋幸夫さんが加わった。
 午後1時15分、うつみさんが出た。同2時27分、和田さん、橋さんが出た。
 午後4時18分、平野博文官房長官が入った。
 午後4時55分、平野氏が出た。同56分、菅直人副総理兼財務相が入った。
 午後6時、菅氏が出た。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

警察のエンブレム偽造容疑=ネットで販売、2人逮捕-茨城県警(時事通信)
「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に(産経新聞)
緊急保証、医療機関や介護事業も利用可能に―経産省(医療介護CBニュース)
<朝日新聞>大分、佐賀県で夕刊廃止 3月末で(毎日新聞)
「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)

<名古屋補正予算案>法人市民税収入107億円減額(毎日新聞)

 名古屋市は12日、09年度の法人市民税収入を107億3100万円(16%)減額する総額約53億円の同年度一般会計2月補正予算案を発表した。市財政課によると、法人市民税は当初682億4300万円を見込んでいたが、不況による企業の業績悪化で大幅に減少。減額分と同額の減収補てん債を計上した。【岡崎大輔】

民家火災で2人死亡=居住の夫婦か-埼玉・越生町(時事通信)
<全国建設工事業国保組合>本部に立ち入り検査…都と厚労省(毎日新聞)
次女、DV避難施設へ=少年暴力、エスカレートか-石巻3人殺傷事件(時事通信)
塚本容疑者「守秘義務がある」 山本病院の患者死亡(産経新聞)
小2男児、学年途中から「女児」 性同一性障害で(産経新聞)

<普天間移設>グアム・テニアン案…社民・国民新が提示へ(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を巡り、17日に開かれる政府・与党の沖縄基地問題検討委員会で社民、国民新両党が米領グアムと米自治領北マリアナ諸島テニアンへの移設案を提示する見通しとなった。10、11日にグアムなどを視察した社民党の阿部知子政審会長と国民新党の下地幹郎政調会長が11日夜帰国し、成田空港で記者団に明らかにした。

 阿部氏は「グアムは外すことはない。環境整備ができれば可能だ」と述べ、環境整備と合わせて提案する考えを表明。テニアンについても「(北マリアナ諸島のフィティアル知事が)ウエルカムだと言ってくれ、非常に可能性が出てきた」と語った。下地氏も「テニアン、グアムは訓練移設を含めて、17日のシナリオの一つに入ってくる」と述べた。長島昭久防衛政務官は11日、BSフジの報道番組で「テニアンはとんでもない方向だ」との見方を示した。【西田進一郎、朝日弘行】

【関連ニュース】
陸自幹部発言:「信頼してくれ」では日米同盟維持されぬ
普天間:米自治領テニアン市長 受け入れに前向き姿勢表明
岡田外相:小沢氏の訪米「支援したい」
普天間検討委:移設候補地案を17日に持ち寄り
小沢幹事長:5月訪米を前向きに検討

“おばあちゃんママ”亡き孫娘に涙 兵庫・三田の継母暴行(産経新聞)
隕石635個を採取=「世界一」奪還はならず-南極観測隊が会見・昭和基地(時事通信)
野党揺さぶり、国会証言要求や予算審議に言及(読売新聞)
大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)
窃盗 カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)

もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年-経産省(時事通信)

 1995年12月のナトリウム漏えい事故以降、運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、経済産業省の専門家による検討会は10日、同省原子力安全・保安院がまとめた報告を了承し、運転再開を容認した。
 もんじゅを運転する日本原子力研究開発機構は、今年度中の再開を目指しているが、今後国の原子力安全委員会や、地元自治体の了承も必要で、再開時期は未定だ。 

【関連ニュース】
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし
「競争」7割は1社入札=顧問雇用の企業グループ
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目
世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成
柏崎原発7号機で営業運転再開=新潟県中越沖地震で被災後初

【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)】「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調(産経新聞)
嘉手納統合案提示へ―国民新(時事通信)
明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討-厚労省(時事通信)
秋田の不合格者、東京で採用も=小学校教員で共同選考(時事通信)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)

<長谷川等伯展>出品の国宝2点搬出 京都・智積院から(毎日新聞)

 東京国立博物館で23日に開幕する特別展「長谷川等伯」(毎日新聞社など主催)に出品される「松に秋草図屏風(あきくさずびょうぶ)」と「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」の国宝2点が10日、所蔵する京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)から搬出された。僧侶や関係者ら約50人が作業の無事と展覧会の盛況を祈って法要を営み、収蔵庫に低い読経の声が流れた。

 長谷川等伯(1539~1610)は安土桃山時代を代表する絵師で、特別展は没後400年を記念して開かれる。豪壮かつ繊細な筆致で描かれた両作品は、豪華絢爛(けんらん)な当時の流行を伺わせる大作だ。

 特別展は東京国立博物館で3月22日まで開かれた後、京都国立博物館で4月10日~5月9日に開催。両作品は期間を通じて展示される。【成田有佳】

【関連ニュース】
皇后さま:「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館
国宝土偶展:「縄文のビーナス」も公開…東京で開幕
国宝土偶展:東京国立博物館で開会式
国宝土偶展:展示作業始まる 上野東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気

<書の甲子園>大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)
春を呼ぶ勇壮「お燈まつり」 和歌山・新宮の神倉神社(産経新聞)
空き巣50件か、64歳男逮捕=「生活費に使う」-警視庁(時事通信)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
首相動静(2月1日)(時事通信)

聴覚障害者狙うマルチ商法詐欺 「ヴィヴ」幹部ら有罪判決(産経新聞)

 東京のソフトウエア販売会社「ヴィヴ」による聴覚障害者らを狙ったマルチ商法事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた実質的経営者の浦壁伸周被告(68)ら6人の判決公判が10日、大阪地裁で開かれた。横田信之裁判長は浦壁被告に懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役5年)、元社長の冨田将一朗被告(35)に懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)、ほかの4人に懲役2年6月~1年6月、執行猶予4~3年(求刑懲役4~2年)を言い渡した。

 横田裁判長は、被害者15人のうち14人について、「高額配当を受け取れると思わせて現金をだましとった」と被告全員を有罪と認定したが、1人は「だます説明の間、被害者が会場にいなかった疑いもある」として無罪とした。

 浦壁被告は「冨田被告らにすべて任せていた」、冨田被告らは「だましていない」として無罪を主張。被害者のうち4人の聴覚障害者に「説明内容を伝えるのは不可能に近かった」と訴えていたが、横田裁判長は「だます説明がなされ、現に高額配当があると認識していた」と退けた。

 判決によると、浦壁被告らは共謀し、平成18年7~8月ごろ、会員募集説明会で、高額の配当をする意思も能力もないのにあるように装い、計14人から約750万円を詐取した。

【関連記事】
仲介役の男に懲役4年 聴覚障害偽装詐欺事件で 札幌地裁
障害者割引ETCを悪用 容疑の大阪のタクシー運転手を書類送検
キジも鳴かずば…インテリアデザイナー、詐欺罪で罰金
北海道が医療費助成を返還請求へ 医師の聴覚障害詐欺事件
偽障害診断で年金詐欺、1億6800万円分立件

10年度予算案が審議入り=官房長官、個所付け通知で陳謝-衆院委(時事通信)
千葉県警の不正経理5億7000万円(産経新聞)
さっぽろ雪まつり 3会場で5日開幕(毎日新聞)
<雑記帳>堂島薬師堂節分お水汲み祭りに2万人 大阪(毎日新聞)
ハイチ大地震 弟亡くした男性、授業で惨状報告 「住民を勇気づけて」(産経新聞)

バルチックカレー運営会社の関係先捜索 無登録で出資金2億集めた疑い(産経新聞)

 無登録で海外ビジネスへの出資金を集めたとして、警視庁生活経済課は5日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、カレーチェーン「バルチックカレー」を運営していた「バルチック・システム」(東京都港区、解散)の関係先を家宅捜索した。

 捜索を受けたのは、港区虎ノ門の飲食店運営会社「フードトラスト」など数カ所。フード社社長は以前、バルチック社を経営していたという。フード社は、全国約260人から約2億円を集めたとみられ、警視庁が実態解明を進める。

 捜索容疑は、平成20年5~10月にかけ、「サウジアラビアから中国・青島まで重油の輸入ビジネスで年間配当78%が可能」などとうたい、都内の会社経営の男性(60)ら3人から、計350万円の出資を募り、無登録で金融商品取引業を営んだとしている。

【関連記事】
ねずみ講「ライブリー」元幹部ら3人起訴、1人は不起訴に
上場祝賀会で数億円集金 「サンラ・ワールド」 滞納家賃に充てる?
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド
「リフォーム事業で配当」 容疑の男ら9000万円集める?
自暴自棄…金絡みの犯罪激増 墜ちた美人カリスマトレーダーも…

社民・重野幹事長「(石川容疑者は)議員辞職に値する」 辞職勧告決議には慎重 政治資金規正法違反事件で(産経新聞)
<オリックス・小瀬選手>自殺か キャンプ先で転落死(毎日新聞)
天皇陛下の今週のご予定を一部変更(産経新聞)
日中歴史共同研究 教科書に影響も 「盧溝橋事件」「南京事件」歩み寄り(産経新聞)
「最後のとりで、声掛け徹底を」=振り込め詐欺で官民会議-警視庁(時事通信)

こういう形で引退残念=朝青龍表明で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は4日夜、1月の初場所中に知人に暴行したとされる大相撲の横綱朝青龍が現役引退を表名したことについて「力はある方だった。こういう形で引退するのはファンにとってもつらい話だし、残念だ」と述べた。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】朝青龍騒動記~ついに引退表明~
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕貴乃花親方
〔写真特集〕大相撲 横綱朝青龍
成田山で恒例の豆まき=暴行問題の朝青龍関欠席

将棋 佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級(毎日新聞)
普天間移設「覚悟読み取って」 参院決算委で首相(産経新聞)
【自民党「苦悩」の現場】公募の成果と誤算 「若返り」か「分裂」か(産経新聞)
将棋 74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢(毎日新聞)
雅子さま、大きく改善=活動広げるには時間必要-宮内庁(時事通信)

「評論家」増田氏、架空話で投資家募集か(読売新聞)

 「時事評論家」の増田俊男氏(71)が実質的に経営する投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が無登録でカナダのIT企業の新株予約権を販売していたとされる事件で、増田氏はこのIT企業について、「近く上場する」と投資家に説明していたにもかかわらず、その上場先として挙げていた海外の取引市場が当時、存在していなかったことがわかった。

 警視庁は、架空の上場話で投資家を募った可能性もあるとみて捜査を進めている。

 捜査関係者などによると、増田氏は2005年4月、カナダのIT企業「アリウス3D」の新株予約権を購入していた投資クラブの会員らに、「今年中にカナダのモントリオール証券取引所か、カナディアン・ベンチャー取引所に上場する」と説明していた。

 しかし、二つの取引所のうち、「カナディアン・ベンチャー取引所」は01年に別の取引所に統合されて消滅しており、「モントリオール証券取引所」も個別企業の株を取り扱っておらず、上場は不可能な状態だった。

 また、増田氏は07年10月に、「アリウス3D」についての「上場記念祝賀会」と銘打ったパーティーを都内のホテルで開催。投資家約200人を前に、「11月にトロントベンチャー証券取引所での上場が決まった」と発表し、「上場記念」と書かれたくす玉を割るなどの派手な演出で投資家を信用させていた。関係者によると、「アリウス3D」は現在までどこの市場にも上場していない。

 同社などに数千万円を出資した首都圏の女性は、「何十回となく海外の市場に上場すると聞いたが実現していない。(増田氏は)我々投資家をばかにしている」と憤っていた。

 増田氏を信じ、約3000万円を投資した別の男性も、「いくら待っても上場しなかった」といい、「増田氏には何度も返金を要求したが、『現在プロジェクトを進めている段階』などと返答されただけ。許せない」と話した。

小沢氏説明責任、今後も要求=「疑惑残る」「国会で解明を」-野党(時事通信)
住基ネット離脱「見送り」を表明…河村市長(読売新聞)
<掘り出しニュース>丹波竜調査で鳥脚類の化石発見 他種の恐竜発見は初(毎日新聞)
中島容疑者、副知事就任時にも現金=町村会長側から祝い金-福岡(時事通信)
<訃報>吉田実さん85歳=元いすゞ自動車専務(毎日新聞)

【日本人とこころ】福田恆存と孤独(下)常に誤解され続けた(産経新聞)

 福田恆存(つねあり)に付けられたあだ名は数知れないが、中でも本名をもじった「複雑に存(あ)り」というのは、言い得て妙だ。たしかに福田の書くものは、しばしば誤解を招いた。新聞や論壇誌に求められて書いた時務の文でも、時局を論じて人間論にまでおよぶのが福田の評論だが、そこで取り上げられる物事の表層を追いかけすぎると、重点を取り違えてしまう。

 たとえば、昭和43年に発表された戯曲「解ってたまるか!」は、同年に起きた金嬉老(きんきろう)事件をモデルにした喜劇だ。だが、その主題がもっぱら“進歩的文化人”批判として受け取られたことに対し、福田は不満を漏らしている。

 「僕は進歩的文化人批判なんかやっていないのです。一部にそれが出てくるだけです」「要するに主題はものわかりのよさという現代の風潮ですね。人間を理解することは簡単にできるという風潮に対する僕の諷刺であって、非常に人間というものは孤独なものだ、ということを最後に出したかったのです。主人公の孤独というものを作劇術、演出、演技ということで出す、(中略)そこに僕の主題がある。途中に出てくる進歩的文化人批判、これは一つの建物でいえば一つの窓、一つのドアの役割しかしていない」(秋山駿「対談・私の文学」昭和44年、講談社刊)

 もちろん、見通していた人間はいた。福田がすでに「保守」の論客として知られていた60年安保当時、全学連の学生活動家だった批評家の柄谷行人(からたにこうじん)は、福田への追悼文「平衡感覚--福田恆存を悼んで」で書いている。

 「私が福田恆存を最初に読んだのは1960年の秋であったが、自分と政治的立場が違うにもかかわらず、何の違和感も覚えなかった。たとえば、私はひとが福田の『平和論への疑問』になぜ反撥しているのかわからなかった。それは平和運動に対する反対論ではないし、福田の言うことに完全に同意しながらでも平和運動は可能なのである」(「新潮」平成7年2月号)

                 ◆ ◇ ◇ ◆

 一般的に、福田の評論については、華麗なレトリックや巧みな逆説など、切れ味鋭い論争家としての面に注目が集まる。あるいは、それらの論理をつなぎ合わせて保守思想家としての福田像を読み取ろうとする試みもなされている。だが、福田の二男で「福田恆存評論集」(麗澤大学出版会)を編集する明治大教授の逸(はやる)(62)は、昭和30年代に男性向け雑誌に書かれた「附合ふといふ事」「自然の教育」などの、現在あまり注目されていない比較的短い評論にこそ「福田恆存の心がもっとも感じられる」と高く評価する。

 「そこには私を育てた部分が、物と付き合う、自然と向き合う、あるいは歴史、言葉に対する接し方というのを教えてくれた普段の父が出ています。福田恆存という人間の根底にある部分が、非常に柔らかく提示されている」

 代表作とされる「人間・この劇的なるもの」や「平和論にたいする疑問」について、逸は「評論家としての最高峰」としながらも、「そこにいる福田恆存はよろいを着ている、ここで勝負するぞと気張っている部分がある。そうではなく、おだやかに書いたものの中に人柄がよく出ている」と、福田の考え方を知る上で、重要な部分が見落とされがちになっていることを指摘する。

 「人と人との附合ひ方、即ち道徳を教へてくれるものは自然を措いて他に無い。(中略)自然は私達人間の方で附合はうとし、その道を考へなければ、決して自然の方からこちらの都合を考へてくれようとはしないからである。自然はそのやうにして私達を教育する。それが自然の教育法である」(「自然の教育」)

 この自然は「他人」とも「歴史」とも置き換えられると、福田は付け加えている。

                 ◆ ◇ ◇ ◆

 「福田恆存の華々しい評論のバックボーンにある人間味を、もっと考える必要がある」と話す逸は、福田恆存を理解する上での「本当の意味での代表作」として、「孤独の人、朴正煕」「乃木将軍と旅順攻略戦」「小林秀雄の『本居宣長』」の人物論3編を挙げる。「人物を本当に身近に感じて書いている。福田恆存の神髄に触れるのは、平和論批判などよりもむしろこっちじゃないかと、私は思っていますね」

 中でも、「乃木将軍と旅順攻略戦」は、批評家としての福田の眼目をよく示している。戦中に発表した乃木論で「私が最も言ひたかつた事は近代日本の弱さであり、その弱さを『いとほしむ』気持ちを持てといふ事であつた」とする福田は、戦後の乃木希典愚将論について丹念に批判して、こう書く。「現在の『見える目』で裁いてはならぬ。歴史家は当事者と同じ『見えぬ目』を先づ持たねばならない」

 おそらく、この視点の置き方にこそ福田恆存の「神髄」はある。福田は物事を論ずるにあたって、「見える目」を持つ人々が見えなくなることを常に指摘した。それは、「他人」や「歴史」と本気で「附合つた」結果生まれた批評眼だった。=敬称略

(磨井慎吾)

                   ◇

 ■幅広い交遊、数多くの対談は今後まとめる企画も

 「孤高の人」と言われた福田恆存だが、親しい友人も少なくなかった。交遊を物語る1枚の凧(たこ)が、神奈川県大磯町の福田邸に保存されている。1畳あまりの大きな凧を軸装したもので、噴火する富士山を背景に、真っ赤な龍がにらみをきかせている。昭和28年正月、福田が戯曲「龍を撫(な)でた男」で第4回読売文学賞を受けたのを祝って、戦後派の作家、評論家でつくる「鉢の木会」の同人が贈ったものだ。

 絵の余白には、戦後文学史のビッグネームの寄せ書きが並ぶ。「この龍が十万円は安いもの」(中村光夫=文芸評論家)、「龍の目に涙」(三島由紀夫=作家)、「妻苦ハ龍々」(吉田健一=英文学者)、「龍尾作 蛇頭」(神西清=翻訳家、作家)…。

 「蛇頭固定観念(だとうこていかんねん) 我流欠点睛(がりゅうてんせいをかく)」という文句に続けて、相合い傘の中で福田と隣り合って署名しているのは、当時特に親しかった作家の大岡昇平だ。寄せ書きは一見、戯(たわむ)れの文句にも思えるが、「実はいずれも福田やその戯曲への鋭い批評としても読める」と、実際にこの凧について調べたことのある遠藤浩一・拓殖大大学院教授は指摘している(「正論」平成19年7月号)。

 「龍を撫でた男」をはじめとする福田の戯曲は、文芸春秋から刊行中の「福田恆存戯曲全集」(現代演劇協会監修、全5巻+別巻1)で読むことができる。

 また、福田は文壇・論壇で数多くの対談を行った。佐藤春夫、鈴木大拙、河上徹太郎、竹内好、田中美知太郎、加藤周一…。中でも中村光夫、三島由紀夫とは対談回数が目立って多く、互いに気も合っていたらしい。これまで全集などに収録されることがなかった対談だが、関係者によると、2年後の生誕100年に向けて、全4~5巻の対談集を出す企画も出ているという。

防衛相「沖縄の人たちの気持ちを重く受け止める」(産経新聞)
ツイッターつぶやきが意外な波紋 「貴乃花投票者だれか取材競争」(J-CASTニュース)
里見が得意の中飛車…将棋女流名人位戦速報中!(スポーツ報知)
なぜ小沢氏「不起訴」なのか 「秘書の壁」に阻まれる?(J-CASTニュース)
<北九州市>釜山と門司間、5月に新フェリー就航(毎日新聞)

読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(時事通信)

 第17回読売演劇大賞が2日発表され、新国立劇場が制作した「ヘンリー六世」が大賞・最優秀作品賞(副賞200万円)を受賞した。贈賞式は26日に東京・内幸町の帝国ホテルで行われる。 

「いのち」連発、初の施政演説に鳩山カラー(読売新聞)
ネイルサロンも衛生管理を=健康被害受け、指針策定へ-厚労省(時事通信)
亀井金融相、郵政分社化を「酒鬼薔薇事件」になぞらえ小泉批判(スポーツ報知)
12月に全国で皆既月食=11年の暦要項発表-国立天文台(時事通信)
雪 交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)

「援助交際しないか」と偽1万円札、男逮捕(読売新聞)

 福岡県警小倉北署は31日、女性との交際の代金に偽の1万円札3枚を使おうとしたとして、北九州市小倉南区富士見3、会社員義経信一容疑者(33)を偽造通貨行使未遂容疑で逮捕した、と発表した。

 発表によると、義経容疑者は30日午後5時頃、同市小倉北区浅野2のコンビニエンスストア前で、通りがかった女性(20)に「援助交際をしないか」と声をかけ、偽の1万円札3枚を渡そうとした疑い。女性は紙幣の色が薄いことに気付き、知人の男性に連絡。男性の110番を受けて駆けつけた同署員が、付近にいた義経容疑者を逮捕した。

 近くに止めてあった義経容疑者の乗用車の中からは、ほかに偽1万円札が10枚見つかった。偽札はいずれも透かしがなく、一目で偽物と分かる精度のものだったという。「自分でコピーして作った」と供述しており、同署は通貨偽造容疑でも追及する。

太田前代表の公認取り消し=参院選で公明、責任論に配慮(時事通信)
JR大阪駅 国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
<訃報>新開庸晃さん76歳=TOTO特別顧問、元副社長(毎日新聞)
朝青龍関 警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
石原知事、騒動の朝青龍に「あんなものは…」(産経新聞)

<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市瑞穂区)製の湯沸かし器で一酸化炭素(CO)中毒死した男女2人の遺族が、同社と販売元の東邦ガス(同市熱田区)を相手取り、総額約1億6200万円の損害賠償を求めた訴訟は29日、名古屋地裁(長谷川恭弘裁判長)で和解が成立した。両社が原告遺族に8600万円を支払うとともに、新聞や雑誌の広告などを通じた危険発生防止の周知や再発防止策を講じるという内容。

 パロマ社製の湯沸かし器を巡ってはCO中毒事故が多発し、経済産業省が06年8月、7機種の欠陥を認定し、点検・回収を同社に命じている。原告弁護団によると、命令以降、被害者遺族らによる同社に対する損害賠償訴訟が4件起こされている。今回は7機種以外の事故だったが、訴訟で和解が成立したのは初めてという。

 和解条項によると、東邦ガスが8000万円、パロマ工業が600万円を原告遺族に支払う。また、両社が事故の原因となった半密閉式自然排気式湯沸かし器の使用に伴う危険発生防止を周知するほか、パロマ工業は安全な製品の開発・製造に努める。排気筒の設置方法に瑕疵(かし)があったとして、ガス事業者の責任を重く見た。

 訴訟は、岐阜市のアパートで89年9月、住んでいた調理師見習の少年(当時17歳)と友人の高校生の少女(同16歳)が中毒死しているのが見つかった。室内に作動中のパロマ製湯沸かし器があったとして、遺族が07年4月、同社と販売元の東邦ガスを提訴していた。原告側は「製品は不完全燃焼防止装置が付いていない欠陥で、死亡事故発生の危険性を予見できたのに有効な対策をとらなかった」などと主張していた。

 パロマ工業製の湯沸かし器を巡っては、05年に東京都内の大学生2人が死傷したCO中毒事故で、同社の前社長と元品質管理部長の2人が07年12月、業務上過失致死罪で在宅起訴され、現在東京地裁で公判中。2人は「事故は予測できなかった」などと無罪を主張している。【式守克史、山口知】

【関連ニュース】
男女死亡:明治神宮近くの車内で…露天商夫婦?CO中毒か
CO中毒事故:パロマ元社長ら無罪主張し結審
パロマ湯沸かし器事故:訴訟が結審 元社長ら無罪主張--東京地裁
美祢のCO中毒事故:再発防止へ報告書 警報機設置など提言--経産省検討委 /山口
一酸化炭素中毒死:車内で除雪作業員 排気口に雪、排ガス逆流か--妙高 /新潟

<警報・注意報>気象庁、5月27日から市区町村単位で発表(毎日新聞)
<ひこにゃん人気>彦根市にふるさと納税500件(毎日新聞)
<学習費>不況直撃、塾への支出が減少 08年度(毎日新聞)
厚揚げパックに待ち針=スーパーで客が購入-山口(時事通信)
<お~い!竜馬>近ツー国内旅行パッケージにイラスト起用で参加者が増加(毎日新聞)

信者暴行容疑 韓国籍の61歳牧師を逮捕 茨城県警(毎日新聞)

 女性信者に性的暴行を加えたとして、茨城県警捜査1課などは28日、同県つくば市に本拠を置くキリスト教系宗教法人「小牧者(しょうぼくしゃ)訓練会」牧師で韓国籍の卞在昌(ビョン・ジェチャン)容疑者(61)=同県土浦市小岩田東2=を準強姦(ごうかん)容疑で逮捕した。

 容疑は07年2月ごろ、つくば市内の関連施設で、県内在住の20代女性信者に暴行したとしている。県警によると、卞容疑者は容疑を否認しているという。

 元信者らの被害者団体「モルデカイの会」などによると、小牧者訓練会は卞容疑者が設立し、97年に宗教法人の認可を受けた。茨城、東京、ソウルなどに八つの教会を持つという。一時は信者約500人がいたが、08年から卞容疑者にセクハラ被害を受けたとする信者の声が相次ぎ、大量に脱会したという。女性信者4人が09年7月、卞容疑者や同会に約4000万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。【原田啓之】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:遺体のストッキングから無職男のDNA型
松戸女子大生殺害:ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑
警視庁:45歳警部が電車で痴漢容疑…書類送検・辞職
電車内痴漢:39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血

<中学入試>受験シーズン到来 私立人気、不況知らず? 併願数は減少傾向(毎日新聞)
<国民新党>下地氏が日航グループからJTA除外を要望(毎日新聞)
覚せい剤2・5キロ、MDMA2000錠も(読売新聞)
「着うた」新規参入妨害 レコード会社の訴え退ける(産経新聞)
東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)

東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)

 JR東海によると、29日午後1時50分頃、横浜市神奈川区羽沢町の東海道新幹線で架線が切れ、近くののり面で火災が発生した。

 この影響で品川―小田原間で停電が発生し、同新幹線は午後4時20分現在、東京―新大阪間の上下線で運転を見合わせている。JR東海では復旧活動を急いでいるが、運転再開のめどはまだたっていない。

 同社によると、品川―小田原駅間の上下線で5本の列車が線路上で立ち往生、新横浜駅に停車している1本を含め、約3100人の乗客が車内で運転再開を待っているという。

<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
条件付き「25%減」を国連提出へ=温暖化閣僚委で正式決定-政府(時事通信)
「私は無罪です」村木被告、毅然と語る 郵便不正事件(産経新聞)
事務次官から局長へ降格も=公務員制度改革-首相が骨子提示(時事通信)
足湯いいね~ ほっこり観戦 大阪国際女子マラソン(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターひろはるこう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。