スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋滞の車列に大型バイク追突、男性死亡 大阪中央環状線で(産経新聞)

 30日午前7時半ごろ、摂津市新在家の府道大阪中央環状線で、渋滞の最後尾でとまっていたトラックに後ろからきた大型バイクが追突。バイクを運転していた兵庫県宝塚市山本丸橋の会社員、内山悠さん(31)が腹などを強く打ってまもなく死亡した。

 摂津署によると、現場は片側3車線の直線道路。トラックの男性運転手(42)は「追い越し車線で停車してすぐに追突された」と話しているという。

【関連記事】
高速の事故5年ぶりに増 栃木県警まとめ、料金割引で通行増える
酒気帯び運転で信号待ちの車に追突 消防士停職
東北道でトラック追突事故 運転手が死亡
風雪激しく…東北道で27台多重事故 福島
幼稚園送迎バスが追突、園児ら13人軽傷 茨城・常総

7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
銘酒は名水から 吹雪の中での「寒九の水くみ」(産経新聞)
<ボンバルディア機>またトラブルで伊丹空港に引き返す(毎日新聞)
沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏(時事通信)
<米軍機>神奈川上空で部品落とす けが人なし(毎日新聞)
スポンサーサイト

<死体遺棄容疑>京都の講師殺人 新たに37歳の男を逮捕(毎日新聞)

 神戸市の中国語学校アルバイト講師、今滝愛さん(当時32歳)の遺体が京都府綾部市の山中で発見された殺人・死体遺棄事件で、兵庫県警葺合署捜査本部は25日、新たに死体遺棄容疑で住所不定、無職、青木正彦容疑者(37)=覚せい剤取締法違反罪で有罪確定=を逮捕した。捜査本部は中国籍の男(41)=同罪で服役中=も死体遺棄容疑で26日に逮捕する方針。

 青木容疑者の容疑は08年10月末~11月初旬、中西龍司容疑者(41)=死体遺棄容疑で逮捕=らと共謀、遺体を遺棄したとしている。容疑を認めているという。遺体は中国籍の男が搬送を指示、青木、中西両容疑者が車で運んだとされる。【村上正】

【関連ニュース】
京都・遺棄事件:女性の身元特定 中国人を逮捕へ
神戸・女性不明:「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者
神戸・女性不明:供述通り遺体発見…遺棄容疑で男逮捕
神戸・女性不明:知人が「頼まれ埋めた」 京都の山林捜索
京都・綾部の死体遺棄:女性の身元特定

<菅副総理>「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説(毎日新聞)
普天間「覚悟を持って決める」=5月末までに、首相言明-参院予算委(時事通信)
<雑記帳>店丸ごと“エコ” セブン-イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
【中医協】軽症の救急受診、特別料金徴収は見送り(医療介護CBニュース)
ジェットコースター点検中に衝突 男性作業員が意識不明 茨城・日立(産経新聞)

秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサル料脱税(産経新聞)

 平成15~18年に防衛商社などから受け取ったコンサルタント料約3億1400万円の個人所得を隠し約1億円を脱税したとして所得税法違反(脱税)などの罪に問われた社団法人「日米平和・文化交流協会」元専務理事、秋山直紀被告(60)の論告求刑公判が20日、東京地裁(朝山芳史裁判長)で開かれた。検察側は「米国法人名義を利用するなど複雑に資金を環流させた悪質な犯行」として懲役3年、罰金3000万円を求刑した。

 検察側は論告で、「受け取った所得は遺棄化学兵器処理事業などで秋山被告が業者に便宜を図ったことに対する謝礼で、業者から秋山被告本人への支払いだった」と指摘。その上で、送金先の米国法人を「本店所在地として登録された場所に固有の事務所がないなど、米国法人に実体はなくその口座は秋山被告の管理下にあった」などとして、秋山被告に帰属する収入を隠し脱税していたとした。

 秋山被告は「送金された法人には実体があった」などと脱税について無罪を主張している。

 起訴状によると、秋山被告は15~18年、山田洋行などの防衛関連企業からコンサルタント料名目で米国のダミー法人の口座に送金させるなどの手口で約3億1400万円を受け取ったことを隠し、所得税約1億円を脱税したとされる。

【関連記事】
久間氏が証人出廷「日米の交流に重要な役割果たした」 東京地裁
防衛コンサル料脱税の秋山被告、無罪主張 東京地裁で初公判
久間元防衛相、法廷証言へ 防衛コンサル料脱税事件
脱税の秋山被告、初公判は11月2日 防衛汚職
秋山被告が一転、脱税否認へ 防衛汚職

寒さに負けず真剣勝負! ワカサギの氷上穴釣り解禁(産経新聞)
SL 「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり-今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
台湾からの鳥肉輸入停止=農水省(時事通信)
押尾学容疑者 保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)

小沢氏の説明に期待感 「大変望ましい」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日早朝、元秘書ら3人が逮捕された民主党の小沢一郎幹事長が「国民の理解を得られる状況をつくる」と述べたことについて、「自身の潔白を説明し、証明したいと申しているから、そのような場が近々できれば大変望ましい。そこですべてが明らかになると信じている」と述べ、小沢氏の説明に期待感を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 小沢氏は20日夜、参院幹部との会合で「理解を得られる状況」について言及した。東京地検特捜部の事情聴取に応じる考えを示したものとみられている。

“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇(産経新聞)
<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
<毎日映画コンクール>日本映画界の層の厚さ感じさせる結果(毎日新聞)
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行-名古屋地裁(時事通信)
<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)

高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下-大分(時事通信)

 18日午前8時40分ごろ、大分自動車道下り別府インター(IC)付近で、走行中のトレーラーがバランスを崩し、積んでいた金属製の箱(高さ、幅、奥行き各1.5メートル)14個が落下した。箱の中にはサバが入っており、計約14トンが約300メートルにわたって散乱した。
 大分県警高速道路交通警察隊によると、トレーラーは前の車に近づきすぎたため車線変更をしようとした際、バランスを崩して箱が落下。福岡県から大分県佐伯市に養殖用魚の餌にするサバを運ぶ途中で、箱は重さ約1トンで17個積んでいたという。
 サバ散乱の影響で、下り線湯布院-別府IC間と、上下線日出ジャンクション-速見IC間が約3時間の通行止めとなった。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響

皇太子ご夫妻、神戸入り 震災15周年追悼式典(産経新聞)
新型インフルの輸入ワクチンが特例承認(医療介護CBニュース)
政権交代で再生可能に=日航更生法申請-菅財務相(時事通信)
大寒 全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
<恐喝容疑>書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警(毎日新聞)

「不動産は小沢氏趣味」「あそこセールになってるぞ」(読売新聞)

 「剛腕」で知られる民主党の小沢一郎幹事長は、暑さや寒さが厳しい時期を除き、早朝の散歩を日課にしている。

 朝7時頃、東京都世田谷区深沢の自宅を出ると、秘書や書生ら数人を引き連れながら、閑静な住宅街をぬうように、約30分間、ゆっくりと歩く。

 2004年秋、公設第1秘書の大久保隆規被告(48)は、この散歩の際、小沢氏をある土地に案内した。小沢氏の自宅から北西約700メートルに位置する、分譲中の約476平方メートルの宅地。小沢氏は秘書の寮の建設用地として、資金管理団体「陸山会」がここを購入することを了承する。今回、東京地検特捜部が同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)らを逮捕した容疑は、この土地の購入代金などを同会の政治資金収支報告書に記載しなかったというものだった。

 「不動産を買うのは、小沢氏の趣味だった」

 小沢氏の元秘書の1人は、読売新聞の取材にこう証言する。この元秘書によると、小沢氏と一緒に車で移動している途中、道路沿いのマンションを見た小沢氏が、「おお、あそこ、セールになってるぞ」と関心を示すこともあったという。

          ◇

 1994年4件、95年1件、99年2件……。陸山会は04年までの11年間に、東京都内で9件、岩手県内で2件、仙台市内で1件の不動産を相次いで取得した。購入総額は約10億5000万円。大半がマンションの一室で、購入時点で1億円を超える「億ション」が3件も含まれている。

 同会は現在でも8件を所有。総務省によると、同省が所管する政治家の資金管理団体で、不動産を所有しているのは同会だけだ。

 「献金してくれた皆さまのお金を資産として有効に活用することが、皆さまの意思を大事にする方法だと考えております」

 07年2月、小沢氏は記者会見を開き、資金管理団体が不動産を購入し保有する理由をそう説明した。一連の不動産の購入が始まったのは94年5月。政界再編を目指して自民党を飛び出した約1年後にあたる。

          ◇

 「割引債を購入した資金は、政治活動のための資金であり、割引債を購入したのは、この資金を保管するためで、金を隠すわけではありません」

 93年7月、東京地裁104号法廷。小沢氏が「政治の師」と仰いだ金丸信・元自民党副総裁は、自身が約10億円の脱税に問われた事件の初公判で訴えた。これに対し、東京地検は冒頭陳述で、「献金の一部は政治活動に支出したが、残りは事務所の大金庫に私物として保管するなどしていた」とし、無記名で購入できる割引債に関しては「裏献金受領の事実を隠すためだった」と指摘した。

 小沢氏は大久保被告が逮捕された今月16日、党大会で、世田谷区の土地の購入資金について、「私どもは、何ら不正なお金を使っておるわけではありません」と強調した。一方、特捜部は、購入資金にゼネコンからのヤミ献金が含まれている可能性が高いと見て、石川容疑者らを追及している。

大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  (産経新聞)
FEALAC外相級会合、東京宣言採択し閉幕(産経新聞)
<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)
陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)

2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要-公明政調会長(時事通信)

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は19日、2009年度第2次補正予算案への対応について、国会内で記者団に「景気状況が非常に深刻だ。私個人の考えでは賛成するべきだと思っている」と表明した。これに先立ち、斉藤氏は衆院本会議での代表質問で「わが党の基本的な考え方に立てば、早期成立を図るべきだ」と述べ、成立に協力する方針を明らかにした。
 自民党は、同案に反対の方向で、自公両党の足並みの乱れが早くも表面化した。公明党は、鳩山政権が麻生前政権下で成立した第1次補正予算の一部執行を停止し、2次補正の財源に充てたことに「国民生活に影響が及ぶ」と強く批判していた。 

【関連ニュース】
20日に提案理由説明=2次補正、委員長職権で決定
鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮
国会改革法案、施政方針後に提出=民主
出席できないのは問題=アフガン支援会議で岡田外相
首相に厳しい試練=「闘って」発言も火種

「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
<囲碁>本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち(毎日新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書-日米(時事通信)
<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターひろはるこう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。